FX法人化・裁量・自動売買・シグナル配信

無料で学べるお金持ちへの道

FXで継続的に勝つために必要なこととは?

無料でありながら、上質の情報が提供され学ぶことが可能です。

無料かつプレゼントも貰える「みつしろ氏のFX通信講座」

スポンサードリンク

FX用語:マージンコール/ロスカット

FXトレードをしていく上で、
とても重要なシステムがマージンコールとロスカットでしょう。

 

 

マージンコールとは、損失額が一定の額になったときに、
現在の取引を維持するには証拠金が不足しているということの通知です。

 

 

ロスカットは損失額が一定の額になったときに行われる
強制決済のことです。

 

 

マージンコールを受けてしまうのはなんとしても避けたい所ですが、
ロスカットについては、これを使いこなせないとFXトレードを
継続していくことが出来ません。

 

 

私の場合はポジションをとった時点でロスカットを設定します。
相場がこのレートを超えてきた場合、当初の想定から外れていると
考え、その場合は、速やかにポジションを解消する・・・
これがロスカットです。

 

 

このロスカットを設定しておくことで、相場が急変しても、
損失額が限度を超えて大きくなってしまうことを防いでいるわけです。

 

 

FX業者によって違いはありますがが、
マージンコールが発生するのは維持率が50%を割り込んだときに、
FX業者がメールで連絡してくれることが多いようです。

 

 

ですが、実際にトレード経験を積んでみればわかることですが、
維持率が50%を切る、というのは尋常な状態ではありません。
完全に資金管理を間違えているか、損切り=ロスカットをせずに、
ナンピンあるいはポジションを多く取り過ぎた状態です。

 

 

私の場合は、あらかじめロスカットを設定しますし、
その比率は証拠金の2%程度にとどめています。
同時に複数のポジションを取ることもありますが、
それは利が乗った場合に多いため、
一度に何十パーセントもの証拠金を費やすことはありません。
精神的にきついトレードは続きませんよ。

FX用語:マージンコール/ロスカット関連エントリー

FX用語:レバレッジ
FXが爆発的人気を得た最大の理由かもしれません。レバレッジとは?
FX用語:スワップ
FXの魅力のひとつにスワップというものがあります。2007年ごろまでの右肩上がりのクロス円相場で美味しい思いをした人もいるのではないでしょうか?しかし、相場はその後・・・

 
運営者情報 FX裁量トレード記録 FXシグナル自動売買PAMM 推奨ノウハウ一覧 FX推奨無料講座