FX法人化・裁量・自動売買・シグナル配信

無料で学べるお金持ちへの道

FXで継続的に勝つために必要なこととは?

無料でありながら、上質の情報が提供され学ぶことが可能です。

無料かつプレゼントも貰える「みつしろ氏のFX通信講座」

スポンサードリンク

FX税金関連ニュース:店頭取引も税率20%に!?

記事作成日:2010年12月18日

 

 

既に新聞報道などでご存じの方も多いでしょうが、
以下のような報道がありました。
マイコミジャーナルからの抜粋記事です。

 

 

政府は16日、2011年度税制改正大綱を閣議決定した。
これによると、現在、総合課税としている店頭FX取引に係る所得について、「くりっく365」など取引所FX取引に係る所得と同様に、
20%の申告分離課税とした上で、
両者の通算及び損失額の3年間の繰越控除を可能とするとしている。

 

店頭FXへの20%の申告分離課税の適用は、2012年1月決済分以降となる。
税制改正大綱ではこの目的について、
「金融商品間の課税の中立性を高める」ことを挙げている。

 

また、現行の上場株式等の配当・譲渡所得等に係る10%軽減税率
「証券優遇税制」(2011年12月末が期限)について、税制改正大綱では、
「公平性や金融商品間の中立性の観点から、20%本則税率とすべき」
としながら、「景気回復に万全を期すため」として、
2年延長することを明記。2014年1月から20%本則税率とするとしている。

 

 

これが可決されると、個人トレーダーにとっては朗報ですね。

 

 

私自身も、FXのみであれば、個人で取引してもそれほど変わらない
状況になってきますね。

 

 

ただ、可決されても2012年からの施行ですので、
私が法人化した判断は全く間違ってはいなかったと思います。
法人化のメリットは税率だけではなく、経費を計上しやすくなるという
点もありますし、他の投資を行う場合、やはり個人では
節税に限界がありますので。

 

 

税率が20%一律になることは、私のように本業の収入が多い人に
とっては完全なるメリットですし、損失を3年間繰り越せる、
という点は、これはもうトレーダー全てにとってのメリットです。

 

 

今までが酷く不公平な税制だっただけなのですが、
こうした方向に状況が変わっていくことは歓迎です。

 

 

FX税金関連ニュース:店頭取引も税率20%に!?関連エントリー

店頭取引FXでの税金
FXで出た利益にかかる税金は、店頭取引の場合と、証券所取引の場合では扱いが異なります。店頭取引でFXをした場合にかかる税金について説明します。
FXの税金が2012年から一律20%になる方向へ
FXトレードでの利益にかかる税金は、現在のところ最大で50%にもなります。くりっく365では優遇されていましたが、2012年より店頭取引でも一律20%になるようです。
海外口座でのFXの利益は総合課税です
自分自身、勘違いしていました。FXの利益にかかる税金は分離課税ですので、海外口座での利益も同様と思っていましたが、なんと、総合課税のようなのです!

 
運営者情報 FX裁量トレード記録 FXシグナル自動売買PAMM 推奨ノウハウ一覧 FX推奨無料講座