FX法人化・裁量・自動売買・シグナル配信

無料で学べるお金持ちへの道

FXで継続的に勝つために必要なこととは?

無料でありながら、上質の情報が提供され学ぶことが可能です。

無料かつプレゼントも貰える「みつしろ氏のFX通信講座」

スポンサードリンク

FX法人化達成のプロセス@:FX情報商材コレクター時代

私がFXを知ったのは、2005年か2006年のあたりだと
記憶していますが、それまで投資の経験は全くのゼロ。

 

 

最初はFXについても、漠然と
「なんか投資って恐そう」
というイメージを持っていましたね。

 

 

 

その頃は円安トレンドでスワップ全盛だったこともあり、
スワップポイントについては魅力を感じてました。

 

 

 

オーストラリアドルやニュージーランドドルを
買って、ほったらかしにしとけば儲かるんだな、
という安易な考えも持っていたと思います。

 

 

 

FXを知ってからもしばらくは実践はしなかったんですが、
何がきっかけはかは忘れましたが、FXの情報商材の
巧妙な(誇大広告??)セールスレターに乗っけられて、
とある情報商材を購入したのを皮切りに、
次から次へとFX情報商材を
購入するようになってしまいました。

 

 

 

いわゆる、ノウハウコレクターに
なってしまったわけですね。
もしかしたら、誰もが通る道なのかもしれませんが。

 

 

 

参考にまでに購入した商材を思い出せる限り
列挙してみますと・・・

 

 

 

 

@外貨預金の10倍パワー

 

A真のFXパーフェクトマニュアル

 

B真のFXパーフェクトマニュアル1000%活用術

 

CFX成功法則 1日10%の利益率

 

DFXトレードマスター

 

E柳園さんのFX超短期トレード

 

F杉本栄治さんのFX極意書

 

GCYBORG FX

 

HアービトラージFX

 

I野田さんのFX必勝投資法

 

Jおじゃるシステムトレード

 

K杉田勝さんのFXでスマートに儲ける技術

 

LWIN週間為替予測

 

Mオラクルスクール初級テキスト

 

N大橋ひかるさんの幸せwin!FX

 

O投資成功7つの黄金法則

 

PFP王の1億円プロジェクト「SWAPPER」

 

QVictory Method Advance

 

RFX BAGUS

 

SFX IGUAZU

 

21FX進化論

 

22ピンポイントFX

 

23デイトレンドFX

 

24FXスキャルマスター

 

25Sarahさんのシステムトレード

 

26THEグローバルFX

 

27UpCurrentSystemFX

 

28FXネットトレード秘伝プログラム

 

29FXトレーダーズ養成講座

 

30FX Income Engine

 

 

 

 

・・・ざっと挙げてもこれぐらいあります。

 

 

 

自分の今の裁量手法は、

 

 

18+19+20

 

 

なのですが、残念ながらまだ安定して勝てるほどのレベルでは
ありません。

 

 

 

みなさん、情報商材をいくら購入しても、
それだけでは勝てるようにはならない、
という絶好の例がここにあります。

 

 

→こちらの記事も参照してください:
  FX情報商材を買い続けノウハウコレクターとなる人々

 

 

結局は、安易に勝てる方法なんてなく、
重要なのは、自分が取り組みやすい手法を
自分で検証し洗練させていくことです。

 

 

 

トレード記録をつけて、
泥臭く検証すること。
これ以外の近道はないと思いますよ。

 

 

 

まあ、分かってはいるが、それが実際は
しんどいわけです。

 

 

 

 

「簡単に勝てる方法」をいつまでも探し続けていると、
本当に出口が見つからなくなることがありますので、
十分に気を付けてください・・・

 

 

 

少々脱線しましたが、
情報商材にどっぷりはまりこんで、
私は出口が見えない状態になってましたね。

 

 

 

 

ただ、FXを知って4年も経つと、
そして曲がりなりにもトレード経験を積んでくると、
それなりに勝てるようにはなるわけなんですよ。

 

 

 

そして、FXの魅力というか、
大きな可能性も感じることができるわけで、
そうした部分があったからこそ、
勝ち負けをくりかえしながらも、
ここまで諦めずにFXを続けてこれたんだと
思います。

 

 

 

 

FXにしろ、株式投資にしろ、
根本は一緒だと思うのですが、
トレードの技術を身につけてしまえば、
それは正に一生の財産ですよね。

 

 

 

お金を動かしてお金を稼ぐことができる。
これはものすごいことだと思います。

 

 

 

そして、元本が増えれば、
何千万、何億、
という数字も全くの夢ではない。

 

 

 

儲け続けられる人が実際は数パーセントしか
いないという現実はあるものの、
その数字さえも吹き飛ばしてしまうほどの魅力が
FXにはあると思ってます。

 

 

 

私が何故3年もの間、負け続けても諦めなかったのか、
それはFXに大きな可能性を感じて、「これだ!」と
確信していたからです。

 

 

しかし現実には約3年間迷走を続け、
ノウハウ購入代金並びにトレードでの損失は、
累計で700万程度にも上りました・・・

 

 

さらに残念なのは、この商材購入の代金、
そしてトレードの損失は繰り越すことが不可能であるため、
単に負けっぱなし、損しっぱなし、
ということでした。

 

 

これがもし法人ならば、7年間の損失繰越が可能で、
この3年間の損失700万も、4年目以降に繰り越せます。

 

 

私自身は、本業の収入が多いので、仮にFXで
利益が出た場合は、かなりの課税率
(具体的には所得税40%+住民税10%)
になることはもちろん承知していましたが、
「FXで利益が出るかどうかわからない」という
状況では、法人化は早急な判断かな・・・
と考えていたのでした。

 

 

これが結局大きな判断ミス・誤算だったわけです。

 

 

4年目の2009年。
大きな転機を迎えることになります・・・

 

 

FX法人化達成までのプロセスA:自分自身への絶望とドル円タイミング配信との出会い

FX情報商材のノウハウコレクターと化し、
迷走を続けていた私ですが、
数多くの情報商材の中で、
Victory Method Advance:以下VMA」という商材が、
最も自分にしっくりきたというか、
実践した時間が長い商材になります。

 

 

 

現在でも、
この手法をメインに裁量ではトレードしています。

 

 

 

それにプラスアルファで、
「FX IGUAZU」「FX BAGUS」という商材の中の
考え方も非常に役立っていますが、
メインはVMAです。

 

 

 

それで・・・

 

 

 

確かに勝てるようになりました。

 

 

 

月間1600pipsオーバーを達成したこともあります。
夜間数時間のトレード、しかも毎日ではなく、
というトレード環境でも。

 

 

 

当時はチャート画面にしがみついて、
ひたすら時間を見つけてはトレードしていました。
トレード回数も多かった。
チャートに張り付けず、悔しい思いをしたことも
何度もありましたが、それでも大きな利益を
出すことができていました。

 

 

 

でも、それは2008年の動きの多き相場で、
トレンドのはっきりしてた相場だから、
という面も多分にあります。

 

 

 

しかし、、、順調な時間は長くは続きません。
自分の場合、勝てば勝つほど欲が出ました。

 

 

 

すべてのトレードで勝とう、勝てる、
という気持ちになり、
そのうちにルールを無視したトレードを
くりかえすようになり、
連敗が起こります。

 

 

 

連敗が起こると、それを一気にとりかえそうと、
資金管理を無視したギャンブルトレードが
出現しだします。

 

 

 

そして、そうしたトレードは十中八九
失敗します。

 

 

 

その悪循環を何度も何度も繰り返し・・・

 

 

 

増やした資金を一気に減らすという愚行を、
2度や3度では済まないほど繰り返しました・・・

 

 

 

 

2カ月程度は安定した精神状態を保てるんです。
そして勝てる。
だが、3か月目頃にはトラブルが生じる。

 

 

 

本当にその繰り返し。
何度も何度も同じ過ちを犯す・・・

 

 

 

本当に、自分にがっかりしましたね。

 

 

 

「がっかりした」なんて言葉では生ぬるいです。
涙が出そうなほどの、握った拳から血がにじむほどの

 

 

 

 

「絶望感」

 

 

 

 

でした。

 

 

 

 

そして、僕は一旦裁量トレードを辞めよう
と決心します。

 

 

 

 

それが2008年の暮れ。

 

 

 

 

それでもFXで稼ぐことに固執していた僕は、
「FXシグナル配信」に目を向けたのです。
たまたま、競馬商材を以前に購入したことがある、
プログレスマインド社の渡部さんからの
メールで「ドル円タイミング配信」のことを
知りました。

 

 

そして、このタイミング配信を受け始めることに
なったのです。

 

 

 

今思えば、自分自身への絶望感があったからこそ、
余計な裁量を挟まずにシグナル配信に忠実に
従うことができたことが、シグナル配信を継続し、
結果を出せたことに繋がった、とも
言えるわけですが・・・・

 

 

 

当時の心境としては、

 

 

 

 

「ダークサイドに落ちた」

 

(by Star Wars)

 

 

 

とでも表現できる、罪悪感のようなものも
同時に持ち合わせていましたね。
シグナル配信に頼る、ということについては。

 

 

 

ある種、お金への拘りが生んだ結果とも言えます。

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

 

これが私がFXシグナル配信を始めたいきさつです。
プログレスマインド社のドル円タイミング配信を
始めたのですが、このタイミング配信を受けて、
自分自身の心境に大きな変化が出ます。

 

 

 

それは自分の裁量トレードについても
非常に重要な意味を持っていました。

 

 

FX法人化達成までのプロセスB:投資はメンタルであるという気づき

私自身のこれまでのFXの歴史を簡単にまとめると、

 

 

 

FX情報商材コレクター化し、
一時トレードで利益を上げられるようにもなるが、
それが続かずルールを無視したトレードで自爆・・・

 

 

 

一旦冷静になって再び調子を取り戻しても、
勝ちだすと欲を書いてまたトレード過剰になり自滅、

 

 

その繰り返し・・・

 

 

 

で、自分自身の裁量トレードに絶望し、
シグナル配信に頼ることになった・・・

 

 

 

というところでしょうか。

 

 

 

 

私がシグナル配信を受け始めたのは2009年1月から。
新年になり、正に心機一転、という気分でした。

 

 

 

その頃の自分は裁量トレードに関してほぼ
見切りをつけていました。

 

 

 

もう淡々とシグナルに従って行こう、
余計なことは一切すまい、
と、そういう精神状態でした。

 

 

 

そして、これは私がたまたま運が良かっただけ
なのかもしれませんが、
1月、2月、3月、と順調に、
正に順調に利益を上げ続けて行ったんです。
(プログレスマインド社のドル円タイミング配信です)

 

 

 

 

2月はポンド円のデモ配信も受けることができ、
そちらでもかなり利益を上げることができたため、
100万で開始した資金が、
3月終わるころには300万に増えていました。

 

 

 

すいすいと利益が上がっていくんですよね・・・

 

 

 

FXで儲けるのって、こんなに簡単なんだ・・・
ただシグナルに従ってるだけで、
こんなに簡単に、しかも労力もかけずに
儲けられるんだな・・・

 

 

 

 

今までチャートに張り付いてた時間は
何だったんだろうな、と。

 

 

 

そんな風に感じました。

 

 

 

その後もほぼ順調に利益を上げることができ、
結果的には1年間で100万を900万にまで
増やすことができました。

 

 

 

また、5月以降は実は裁量もシグナルに
プラスしてやっていました。

 

 

 

この配信は、トレンドがでる方向をよく
当ててくれます。

 

 

 

私はトレンドが発生して利益が出ている時に
追加ポジションを取る裁量を加え
(ブレイクアウトを逆指値で狙う)
それも功を奏して利益があがって行きました。

 

 

 

シグナル配信を受け始めて思ったのですが、
自分で稼ごう稼ごうと思わなくても、
シグナル配信が利益をあげてくれる、
という安心感を持てていたことが、
明らかにメンタル面での安定感をもたらし、
結果、裁量トレードにも好影響を
与えていたんです。

 

 

 

 

つまり、自分の裁量トレードレベルは、
メンタルさえ安定していれば、
そこそこ結果が出せるレベルには
なっていた、ということだと思います。

 

 

 

 

稼ごうと思わない=無理なポジション取りをしない

 

 

 

 

単純にトレード回数を減らすだけで、
利益が上がりやすい状況になっていることに
気づきました。

 

 

 

私はシグナル配信を受けることにより、
図らずも

 

 

投資で大切なのはメンタルである、

 

 

ということを身を持って学ぶことになりました。

 

 

これは思わぬ副産物でしたね・・・
もしかしたら、シグナル配信を受けて得た
お金そのものよりも重要なものかもしれません・・・

 

 

 

 

さて、このシグナル配信(ドル円タイミング配信)を
受け、大きく利益を出すことができた2009年
だったわけですが、一つ大きな問題が待ち構えて
いました・・・

 

 

 

FX法人化達成までのプロセスC:確定申告と鬼のような税金

2009年、私はプログレスマインド社の
ドル円タイミング配信を活用することで、
元本100万から900万にまで
増やすことに成功しました。

 

 

 

年間で800万の利益です。
経費を差し引いても、700万以上の所得に
なります。

 

 

 

僕はFXA証券で取引していました。
つまり、店頭取引、ということで、
そこで生じた所得は雑所得になります。

 

 

 

雑所得は本業の給与所得に上乗せされて
課税されることになるため、
所得税がハンパないことになってしまった
んですね・・・

 

 

 

その税率はマックスの50%!
(総所得1800万以上は税率50%)

 

 

 

 

せっかく今まで苦労して稼いできたお金の
半分が持ってかれる・・・
こんな税金の仕組みってどうなんでしょうか?

 

 

 

しかも、個人でFX取引をしている分には、
以前の損失なんて当然無視されるんです、
税法上は。

 

 

 

私は2009年に初めてFXで利益が出ましたが、
それまでは3年間負け。
取引で負けた金額、および書籍や情報商材に
費やした金額は、総額で700万以上は
あります。

 

 

ですから、トータルで考えたら、
プラスマイナスゼロぐらいなんですよ。

 

 

 

しかし、日本の現在の税法上は、

 

 

 

「損したら税金は払わなくてもいいけど、
利益が出たときだけはしっかり税金
取ってくよ・・・それまでいくら損してたか
なんて、こっちは関係ないからね。
とにかく利益が出たら税金払ってもらうから。」

 

 

ってことなんです。

 

 

 

獲れるところから獲る。
これが国のやり方。

 

 

 

法律なんて矛盾だらけです。
公正でもなければ、平等でもない。

 

 

 

せっかく稼いだお金を、あっけなく持っていかれる
あの確定申告の瞬間・・・
忘れられません。

 

 

 

 

私が法人化を決心した瞬間でした。

 

 

 

 

法人化は、利益が出てからでは遅いんです。
今年に限っては利益はまだ出ていませんが、
そうした問題じゃないんですよね。

 

 

 

税法上の対策を取っておく。
これが大切。
利益が出てからでは遅い。

 

 

 

利益が出なくてたとえ赤字でも、
それを7期繰り越せるメリット!
絶大ですよ。

 

 

 

そして、税率も法人化した方が有利。

 

 

 

くりっく365は?
と考える人がいるかもしれませんが、
僕から言わせれば、

 

 

 

 

くりっく365は論外

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

手数料が獲られる上に、
朝方取引できない時間帯が毎日発生します。
これが致命的。

 

 

 

たとえ税率で優遇されていても、
これらの仕組みが変わらない限り、
私としては使用する気にはなりません。
自分のスタイルと相いれないんですからしょうがない。

 

 

 

朝1でシグナルが来る配信もありますよね?
例えばFX TRY モーニングエントリーなんかがそうですが。
実践できません、くりっく365では。

 

 

 

 

ドル円タイミング配信もそう。
朝7時で配信がくることが結構ある。
くりっく365ではオーダーできません。

 

 

 

 

この記事書いてて思ったんですが、
よくもまあ「365」なんてネーミング付けられたな、と。
率直に言ってしまえば、穴だらけの欠陥システムとしか
思えないです。

 

 

 

 

国が税法という法律を武器に攻撃してくるなら、
こちらもやはり税法を盾に応戦するしかないですよね。
皆そうしてます。

 

 

 

それが法人化です。

 

 

 

法人化することでのメリットはこれから実践しながら
享受していく、あるいは実感していくことになるでしょう。

 

 

 

 

FXで法人化達成までのプロセス関連エントリー

FX法人化の最大のメリットとは?
税金面を考慮してもFXは法人を設立して行うのがベストと思いますが、それ以上の、つまり節税以上の効果があると私は考えています。
所得が多い人ほどFXは法人化して行うべき
FXを個人、そしてくりっく365ではなく一般的な店頭取引で行う場合、その所得は雑所得に分類され、本業の所得に上乗せされる形で課税されます。

 
運営者情報 FX裁量トレード記録 FXシグナル自動売買PAMM 推奨ノウハウ一覧 FX推奨無料講座