FX法人化・裁量・自動売買・シグナル配信

無料で学べるお金持ちへの道

FXで継続的に勝つために必要なこととは?

無料でありながら、上質の情報が提供され学ぶことが可能です。

無料かつプレゼントも貰える「みつしろ氏のFX通信講座」

スポンサードリンク

FX(Foreign Exchange)とは?

FXとは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)のことです。

 

 

元金を証拠金としてFX業者に預け、
その数倍の資金を用いて(・・・レバレッジですね)
外貨を売買したり(為替差益)、金利を受け取ったりして(スワップ)、
利益を得ることが可能です。

 

 

FXトレードではレバレッジを効かせられるため、
実際に取引する金額よりも小さな金額で取引することが可能であり、
その点がFXの大きな魅力となっています。
が、これは同時に資金管理が十分になされない場合、
自分に大きなダメージを与えうるということで、
諸刃の剣と言えますね。

 

 

FXの特徴として株式投資とは異なり、
外貨を買うことで始めることのほかに、外貨を売ることから
始めることもできます。

 

 

単純に言えば、上がるか下がるか、の世界なので、
適当にやっていても勝率5割を取れそうですが、
実際にはそうはいきません。

 

 

外貨預金や外貨MMFなどの外貨を使った投資法とは
似て非なるものと言えます。

 

 

FXで利益を上げるには、
外貨を安く買って高く売る、
または高く売って安く買う、
為替差益がメインとなります。
単純なようですが、奥が深く、一筋縄ではいきません。

 

 

レバレッジを効かせ、自分の資金の10倍以上もの取引が可能なため、
買った外貨を上昇したところで高く売り、
売った外貨を下落したところで安く売ることで、
外貨預金では得られない大きな利益を得ることも可能です。
(もちろん、その分大きな損失を被ることも)

 

 

株と同様に、FXも投資の方法として注目を浴びています。
オンラインでの取引が主流になってきているので、
気軽に始められるようになりました。
FXを取り扱う証券会社も多いですし、
FXのみを単独で扱う会社も多数ありますね。

 

 

小額で始められる、というのも入口を拡げているようです。
さらに小額から始めても利益のチャンスは大きい、
というセールストークが繰り広げられることが多いため、
(実際にはその逆のケース・・・つまりあっという間に
資金を失う可能性だってある・・・)
2010年現在かなり人気のある投資手法のひとつと言えます。

 

FX = 外国為替証拠金取引

FXは、外国為替証拠金取引と言うように、
証券会社、あるいは取引業者に一定の証拠金を預け、
その証拠金を元に、ある通貨を買って、ある通貨を売る、
という取引です。

 

例えば、なじみのある日本円を売って、1万ドルの米ドルを購入する。
1ドルを100円とすれば、
1万ドルを購入するために必要な日本円は100万円、となります。
為替レートは24時間動いていますから、
この後で、1ドルが102円になったところで米ドルを売ると、
保有している1万ドルを日本円に換算した際、
1万×102円=102万円となり、
2万円の為替差益が出る、つまり2万円儲かる、というわけです。

 

 

(安いところで買って、高くなったら売る・・・という簡単な構図ですね。
 ※FXではこの逆で利益を出すことも可能です。
高値で売って、安値で買い戻す、ということも可能です。
FXは通貨ペアを取引するのであり、必ず「買い」から入らないと
いけないわけではありません。2007年までの円を売っていれば
儲かった相場=円安相場しか経験していなかった人は、
円を買う、という取引に抵抗を示し、その結果2008年の
相場では莫大な損失を出しました。)

 

 

FXでの実際の米ドル/円のレートが2円ほど動くのは、
相場に動きがあれば数時間〜数日でもあり得ますが、
レンジ相場(値動きが横ばいの相場)では、
上げては下げてを繰り返すことになり、
一方向へ2円の値動きは中々発生しません。

 

 

となると、100万円の資金でたったの2万円程度の利益を得るのに
時間がかかるのであれば、それほど旨みのある取引ではないように
思うかもしれませんが、ここで登場するのがFXの魅力である、
レバレッジ」です。

 

 

レバレッジについては別記事にて解説します。

FX(Foreign Exchange)とは?関連エントリー

FX投資と株式投資との違いとは?
FXと株取引の違いを説明。この違いがFXの人気の秘密。

 
運営者情報 FX裁量トレード記録 FXシグナル自動売買PAMM 推奨ノウハウ一覧 FX推奨無料講座